常歩剣道 木寺英史 体験レビュー※外力を利用した動きの秘密

こんな剣道上達法があったのか

今までの常識とは真逆の理論

常歩剣道

 

九州共立大学スポーツ学部准教授 木寺英史監修の常歩剣道(DVD)はどうなんだろう。
以前から気になっていた40代の私が、実際のところを購入して体験レビューします。

 

●足さばきがぎこちない
●振りが遅く、非力で試合に勝てない
●動きが遅くて技(打突)が決まらない
●一生懸命稽古をしているが、伸び悩み限界を感じている
●レベルアップする強くなる効果的な練習を知りたい
●年齢に伴って体力や運動神経も衰えてきて、素早い動きが出来なくなってきた

 

など、このようなことで困っていませんか?
もし、あなたがこのよう悩みを抱えているなら、これまでの剣道の常識にとらわれすぎているのかもしれません。

 

 

強くなるには運動神経や筋力がないと、素早い動きや強い打突は打てないと思っているかもしれませんが、無駄な動きをなくし、合理的な身体の使い方をすることで年齢、性別に関係なく効率よく強くなることが出来るとしたら・・・・。

 

⇒ 常歩剣道〜非常識な剣道上達法の公式ページはこちら

 

剣道を40代で再開ましたが・・・

実は、私も以前に同じようなことで悩んでいました。
子供の頃は背も低く、運動神経もなく、苛められっ子で、そんな私を心配した両親が、剣道を習わせようということで小学校の3年生頃から始めました。

 

 

ですが、なかなか上達せず、試合にもなかなか勝つことが出来ませんでした。結局、中学3年で足を怪我したこともあり、剣道やめてしまったんです。

 

 

そんな私が40歳になり剣道を再開したのは、小学校4年生になる息子が剣道を習うことになったのがきっかけです。
ただ、体力が落ちたこともあり、若い頃のように素早い動きが出来ません。

 

 

家から近くの道場に通っているんですが、地稽古が多く若い剣士とやる機会もあるんですが、動きや打突の素早さ、パワーではどうしてもかないません。

 

 

そんな時に、木寺英史監修の常歩剣道で出会って私の抱えている問題の解決になりました。
ですから、もし、あなたが同じ悩みを持っているなら解決の糸口が掴めると思います。

 

 

何故なら、この常歩剣道はほとんどの剣道家が知らない、既に多くの人が実践し結果が出ている「筋力に頼らない動きを身に付ける」ことで強くなる、これまでの常識を変える剣道上達法を公開しているからです。

常歩剣道とは?実践すると動きや打突がグンと良くなる!

常歩って、最初に「何て読むんだろう」と思いませんでしたか?
私も最初はわかりませんでした。
「なみあし」と読むんですが、これは馬の歩様の一種で、足で蹴り出して体を動かすんじゃなくて、左右の軸感覚を使って効率よく動こうというものです。

 

 

人間にとっても無理がなく、理想の体の使い方だといわれているようです。
その為、剣道でもこの動きを応用していくと、筋力や運動神経、体力がない方でも合理的な動きや打突が実現できるのです。

 

 

既に常歩とそのトレーニング方法は、オリンピックメダリストをはじめ多くのトップ選手も取り入れていますし、医療関係者にも影響を与え、一般の方々の日常生活や高齢者や障がい者の歩行法としても注目されています。

 

 

ですから、この木寺英史監修の常歩剣道は、これまで常識だとされてきた打突の基礎とは一味違った理論になります。

 

@地面を蹴らない
A左足を送る
B顎を引かない

 

という特徴があり、剣道界で話題の理論「常歩(なみあし)剣道」の秘密をDVD2枚にギュッとまとめた剣道DVD教材になります。

 

監修者 木寺英史先生のプロフィール

木寺英史

 

木寺英史先生のプロフィール(略歴)

剣道教士七段 アキレス腱の断裂をきっかけに剣道の打突動作の研究を始める。
熊本県生まれ。筑波大学体育専門学群卒業。福岡県八女郡で中学校教諭を務めたのち、1990年久留米工業高等専門学校講師、2009年奈良工業高等専門学校准教授、のち九州共立大学スポーツ学部准教授、教授。常歩身体研究所代表]。小田伸午(関西大学人間健康学部)、小山田良治(五体治療院代表)ともに常歩研究会を主宰。ナンバ常歩を主張する。
(引用元:ウイキペディア)

 

■競技歴
全国高等学校総合体育大会剣道競技大会
関東高等学校剣道競技会優勝
国民体育大会出場
全日本大学剣道優勝大会準優勝(団体)
全国教職員剣道大会出場

 

今のままで剣道が上達出来るのか?

剣道が上達しない、試合に勝てないなど伸び悩んでいるという人は今のままで本当に強くなれるのでしょうか?

 

 

考えてみれば、ほんの少し前までは足腰のトレーニングにうさぎ跳び、練習中は水を飲まずに精神面を鍛えるとか、私の子供の頃には言われていました。
ですが、現在ではやらなくなり“非常識になっています。

 

 

剣道でも昔の武家時代と現在とでは、生活習慣はもとより、剣士の体格も随分変わっていますから、練習方法が変わらないのはおかしいような気がします。
つまり、過去の常識だったことも、今では非常識なことも多いと思うんです。

 

 

私の経験から言っても、これまでと同じことをやっていても同じ結果にしかなりませんでした。
これまでと違うこと、人とは違うことを剣道にも取り入れるべきです。

 

 

ちょっとやり方を変えるだけでも、動きやすくなったり、筋力に頼らなないでも素早い強い打突が打てるようになったりするものです。

 

常歩剣道の内容はどうなの?

こうした剣道DVDを初めてインターネットで購入する場合、どのような内容なのか?自分に向いているのだろうか?など不安になることも多いと思います。

 

常歩剣道の内容

 

ということで、木寺英史の常歩剣道を購入したので、DDVDの中身を紹介しますね。
以下が、常歩剣道DVD2枚組の中身(収録内容)です。

 

常歩剣道を購入

 

【DVD1】
常歩の考え方と打突の基礎作り
■イントロダクション
■力の考え方
・身体を動かす力
・力を抜く
・片足の抜き
・抜きを意識した打突動作
■構え方
・立位姿勢
・外旋立ち
・構え方のポイント
・竹刀の保持
・頭部の保ち方
・剣先の強さ
■打突の基礎
・歩行の違い
・段階指導
・常歩歩行
・正面打突での常歩歩行

 

【DVD2】
常歩歩行&トレーニング
■イントロダクション
■常歩剣道の前段階稽古
・小手打ち
・面打ち
・胴打ち
■常歩剣道
・構え方
・面打ち
・小手打ち
・左足前の構えから打つ
・実践
■常歩剣道トレーニング
・下駄歩行
・骨盤の前傾・後傾
・左右への重心移動
・上腕の外旋
・股関節の外旋ストレッチ

 

 

常足は竹刀を持って動くときには、なるべく自分の力を使わないで、筋力以外の力で動くというコンセプトで常足剣道が出来ています。

 

 

調べたところ、常歩に関する本もあり既に実践した人からは、「楽に速く動ける」「疲れない」などの口コミがありました。

 

 

ただ、実際の動きというのは文章では分かりにくいので、DVDの映像での解説は非常に理解しやすかったですよ。
実際のDVDの映像もとても鮮明で、木寺先生の理論立てた説明の声も聞き取りやすくなっていました。

 

 

そして、動きというのは、正しとか間違った動きというのは本来はなくて、自分にあった動きをすることが大切だと思います。
この常足剣道で自分に合っているという動きがあれば、少しずつでも取り入れていくことで、足さばきや打突動作なども早くなり、実戦に生きてくるのではないかと思います。

 

 

また、基礎となる歩きや姿勢と剣道の動きとの関連が分かれば、日常生活が稽古の場になって、何気ない動きの大切さが実感できるでしょう。

 

 

私も、最初は「膝の抜き」「股関節の外旋」「骨盤の傾斜」など、初めて知る内容も多くて戸惑うこともありましたが、頭で考えるのではなく、身体で感じるためにDVDの映像を見ながら実際に動きながら進めることで理解を深めるることができました。

 

このような人にお勧めです!

常歩剣道のおすすめの方

 

●剣道の構えでは、腰を前方に出し顎を引くことが基本だと思っている。
●左足のかかとを浮かせ、つま先に体重をかけて前進すればいいと思っている。
●素振り練習を繰り返せば、試合に勝てる。
●どうすれば遅い動きが改善して、素早い動きが身につくのか知りたい人。
●顎を出したり、引いたりすることで腕の振りが違ってくるということに関心がある。

 

など、剣士なら強くなるために知っておきたい体のことを理解して、より強くなりたい人から伸び悩んでいる方には参考になる筈です。

 

 

これによって、筋力に頼らない動きが出来るので、小学生の筋肉が発達してないうちの息子のような少年剣士から、私のような中高年の筋肉が衰え気味の人、高段者の方までおすすめできる剣道DVDです。

 

⇒ 常歩剣道〜非常識な剣道上達法の公式ページはこちら

 

常歩剣道の欠点

とは言え、どんな良い商品にも良いところばかりじゃなく、悪いところもあります。
この常歩剣道の最大の欠点は、あくまで常歩を身につけることが目的に作られているので、実戦での応じ技などには触れられていないことかもしれません。

 

 

剣道の基本や技の解説、試合で勝つための戦術などについては、正直、他の剣道DVDが詳しく解説してあり優れています。
ですが、非力で打突の速さがない、動きが遅くて技が決まらないような方でも、今の伸び悩みを解消できるこれまでの剣道とは違った練習方法が分かるんです。

 

 

私も最初にこの常歩剣道を初めて知った時は、本当に効果があるのか、正直疑っていました。
しかし、実際にやってみると、動きや打突も良くなって驚きました。

 

常歩剣道をお得に購入するには?最安値はどこ

この木寺英史監修の常歩剣道は通販限定の商品です。
その為、市販では販売されていません。
やはり、こうした剣道DVDを初めて通販で購入する場合は、少しでも安くお得に購入したいものですね。

 

 

私も購入するときにどこで販売されているか調べたんですが、楽天、ヤフーショッピング、インフォトップで販売されていることがわかりました。

 

 

楽天で送料無料で19.860円(税込)、ヤフーショッピングで20,227円(税込)でした。
楽天でレビューを書いて500円引きになっても19.360円です。

 

 

そうしたことから、インフォトップが最安値のようです。
販売価格16,000円(消費税込:17,600円)になり、送料540円を加えたとしても
18,140円になり、1.220円から1,720円くらいは安くなりそうです。

 

 

楽天などで購入するのも良いですが、少しでも安くお得に購入するならインフォトップがおすすめです。

 

まとめ

常歩剣道のメリット

 

常歩剣道をまとめましたがいかがでしたか?
この剣道DVDは、著者である木寺英史先生が長年の研究を重ねた常歩剣道の全てを盛り込んだ教材です。

 

 

「筋力に頼らない動きを習得」することに焦点を絞ってあるので、この剣道DVDほど、今の伸び悩みの解消にきっかけになる教材はないでしょう。

 

 

考え方もシンプルで、難しいことがわからない選手でも無理なく理解出来、効率の良い正しい動きが身につけられるのが評価できる点です。

 

 

ですので、この常歩剣道を実践することで得られるメリットとしては次のようなことが挙げられます。

 

●無駄な動きがなくなり、合理的な体の使い方が身につく
●重心移動のポイントが分かり、足さばきなどの動きの悪さを解消できる
●非力でも力強く、キレのある素早い振りが出来る
●パワーがあって自分より大きい相手にも勝てるようになる
●技(打突)に冴えが出て、一本が決まりやすくなる
●自然と動きやすくなり運動神経に関係なく上達できる
●体の負担が減り怪我も少なくなる
●強い剣士に不可欠な、強力な打突を生み出す上腕強化法がわかる
●剣道の試合や昇段審査でも生きる、剣先の強さをアップさせる稽古法がわかる
●難易度が高い、左でさばく技が身につけられる
●左足前の構えから出す最も有効な技やその稽古法が分かる

 

 

など、挙げるだけでもきりがありませんが、今の伸び悩みの壁を乗り越えられるきっかけになり、理想とする自分に近づけるんです。

 

 

重要なのは、この常歩の体の使い方を「知っているか」「知っていないか」「やるか」「やらないか」で今後の剣道人生が大きくかわると言っても過言ではありません。

 

 

ただ、やはり価格が高いのがネックですよね。
ですが、普段頑張っている自分やお子さんにたまにはご褒美をあげてもいいのではないでしょうか。

 

 

何より、この常歩剣道は動きやすさや体への負担など、人間にとってより合理的な動きが出来るようになりますから、筋肉や体力の衰えなどもカバーでき、一生涯使えるものです。

 

 

今からでも始めれば、それだけ早くスランプや伸び悩みなどの解消にも繋がると思うので、気になった方は、下記公式ページのボタンをクリックして今後の参考にしてみてください。

 

\一番オトクに試せるのはココ!/

このページの先頭へ戻る